黒のお呼ばれコーディネート

黒はきちんと感があり、大人っぽく着こなせる色です。濃い色なので痩せて見えやすいのも嬉しいですね。
例えば結婚式などに出席するときの服として、黒っぽいドレスを選びたいと思う人もいるでしょう。
ですが、おめでたい場に黒系は良くない、という話も聞いたことがあるかもしれません。

といってもしっかりとマナーやルールを守っていれば、黒いドレスをおめでたい席で着ることは決して間違いではないのです。

結婚式に黒いドレスを着ていく場合、注意点があります。
ここでは結婚式にお呼ばれした時に黒いアイテムを合わせるマナーをご紹介しましょう。

ドレスは素材で印象が変わる

ひとくちに黒と言っても、色々な素材があります。
マットな布素材は普段のお仕事にはいいですが、祝いの場では少しさみしいかもしれません。

華やかな質感のドレスのほうが、お祝い感が出るはずです。例えばレース素材のように遊び心がある素材をポイントに使っていたり、全面がサテンなどの光沢感がある素材だったりなどであれば、同じ黒のドレスでも華やかさが出るはずです。

また1枚ではさみしい・暗い感じに見える黒のワンピースやドレスでも、羽織ものを合わせることで一気にお祝い感が出ることも。羽織ものについては続けてみていきましょう。

一部「黒」はOK、全部「黒」はNG

コーディネートでまず気を付けたいのは、全て黒でまとめるのは止めましょう。

ワントーンコーデなども流行っていますが、それをやっていいのは普段だけ。おめでたいシーンで黒づくめコーデは暗く沈んだ印象になり、ふさわしくない可能性があります。

パーティードレスが黒なら、明るい色を上に羽織るようにしましょう。
羽織ものとしてはストールやボレロなど。上半身に明るい色が来れば、黒の面積が減り、全体の印象が軽くなります。祝いの席の黒コーデで最もポイントになると言っていいでしょう。

ネックレスなどのアイテムをさし色にするのもよいですね。黒に映える明るめの色のものであれば、これも印象が変わるはずです。
ボレロと色と合わせた小物をコーディネートするのもよいでしょう。

そして忘れてはいけないのがストッキング。黒いドレスに合わせるなら黒は避け、ベージュ系を選んでおくのが無難であり、大人のマナーともいえます。

Fenomen パーティードレスを着こなす