わんちゃんにピッタリのおもちゃがきっと見つかる。

もっと愛犬と仲良くなれる!犬のグッズ通販サイトまとめ

Uncategorized

寝ているときにもサインを出している

更新日:

いろんなポーズをで寝ている姿をSNSにアップしている飼い主さんも多いかと思います。かわいい寝姿や寝相が悪くてかわいい感じですが、犬は寝ている姿にもサインがあるそうです。怖がりな犬は寝るときも警戒しているそうです。からだを伏せた状態で寝ているのは熟睡をしていないそうです。からだを伏せていてもすぐに起き上がれるような状態になっているそうです。立ち姿になっているときは警戒心も強いそうです。寝不足は犬にとっても大敵だそうです。熟睡できる環境を整える必要があるそうです。あごを床につけて寝るのも、素早く物音をキャッチするためだそうです。小さな振動にも敏感ということで、地震がきたら誰よりも早く気づいたりするそうです。のんびりと寝ているサインは、四肢を投げ出して横向きになっている態勢だそうです。リラックスして全身の力が抜けていて足を投げ出したりしているのはほとんど警戒していない状態だそうです。仰向けでおなかをだしている犬は警戒心も緊張感もまるでないそうです。安心して爆睡しているそうで、こんな寝方をしている犬は幸せだそうです。反対に壁に寄りかかって寝ている犬は警戒心が大きいそうです。危険が迫ってきたときにすぐに動けるようにしているそうです。目を閉じていても本当に寝ているわけではないそうです。昔は番犬だったりして危険を察知する能力が必要とされていたようですが、今は番犬として犬を飼っているという人はあまりいないような気がします。もとは猟犬だったとか闘犬で気が荒いといわれている犬も家で大切に飼われたりしていると思います。ただ、やはり野生の本能というのは消え去っているわけではないので、犬のサインを見逃さないようにしなければならないと思います。

犬のサインを見逃さないために、犬の気持ちをチェックできる犬用のグッズも販売されているそうです。

-Uncategorized

Copyright© もっと愛犬と仲良くなれる!犬のグッズ通販サイトまとめ , 2019 All Rights Reserved.