わんちゃんにピッタリのおもちゃがきっと見つかる。

もっと愛犬と仲良くなれる!犬のグッズ通販サイトまとめ

Uncategorized

怖すぎるときにはしっぽを巻く

更新日:

犬が怯えている時は、しっぽを股の間に挟んでお尻の穴と陰部を隠すそうです。犬が持っている独自の臭いを発する肛門腺を嗅がれることのないようにしているそうです。臭いを嗅がれるというのは自分の弱点をさらけ出すのと同じことだそうです。必死で隠しているのだそうです。そうして自分の情報を相手に渡さないように頑張っているそうです。こういうポーズをしているときは、とにかく犬を助けることが大切だそうです。不安や恐怖に陥っていても「怖い」とはいえないので飼い主が気がついてあげないとどうしようもないそうです。反対に「やってやる!」と勇ましいサインというのは、背中の毛を逆立てて歯をむき出しているときだそうです。犬は喧嘩が大嫌いですが、売られた喧嘩を買うことはあるようです。戦闘モードに入ったら、首から背中にかけての毛を逆立てるそうです。相手に自分を大きく見せようとする本能の為せる技だそうです。歯をむき出しにして喧嘩をやる気満々という感じだそうです。こういうとき、喧嘩を止めさせようと大声で怒鳴ったりしたら逆効果だそうです。犬を冷静にさせるようにしなければならないそうです。喧嘩を買うといってもいろいろなバリエーションがあるそうです。からだの重心が前にきてはいるけれど、やや腰が引けてるときは興奮度は低めだそうです。様子を伺っている状態で、自分から向かっていくようなことはないそうです。上半身を低くして、お尻の方を高くあげているときは警戒心が大きくなっているときだそうです。これはいざとなったら逃げられるようにしているそうです。そしてしっぽを丸めて股の間に隠し、背中を丸めて伏せているときは、降参のサインだそうです。相手にごめんなさいをしているそうです。

-Uncategorized

Copyright© もっと愛犬と仲良くなれる!犬のグッズ通販サイトまとめ , 2019 All Rights Reserved.