わんちゃんにピッタリのおもちゃがきっと見つかる。

もっと愛犬と仲良くなれる!犬のグッズ通販サイトまとめ

Uncategorized

口を大きく開けているのは楽しいから

更新日:

柴犬は、テンションが上っていると、口を大きく開けて歯をむき出しにして受かってきたりするそうです。特に飼い主さんの顔に向かってくるそうです。犬が苦手だと「噛まれる」という恐怖に陥るかと思いますが、柴犬にはそのつもりはないそうです。遊んでいると自然に口を開けてしまうのは、柴犬の本能だそうです。楽しいと口を開けるそうです。遊んでいるときなどに、カラダを仰向けにして口を大きく開けて、手に歯を当ててくることがあるそうです。おなかをみせているということで、戦意はないそうです。ただ遊んで欲しいということだそうです。また興奮して甘噛をしてくるそうですが、それも決して痛くは噛まないそうです。噛んだあとをペロペロ舐めたりして、感でないアピールをしたりするそうです。遊び疲れたら寝るそうです。犬というのは自己中心的な生き物だそうです。世界の中心は自分だと思っているそうです。飼い主さんの意識が自分から離れたり、自分が見ていないところで何かやっているというのは、気に入らないそうです。たとえ寝っ転がっていても耳をそばだてていたりするそうです。耳や目だけを動かしてチェックしていたりするそうです。犬というのは、永遠の2才児といわれているそうです。人間の二歳児くらいだと、かまってアピールがすごいそうです。またいたずらもしたりするそうです。そんなところが二歳児と似ているそうです。人間の二歳児も賢そうな、何でもお見通しみたいな雰囲気を出したりしますが、そういうところも似ていますね。そんな犬たちは、子どもが苦手なのだそうです。子どもは次の動きが読みづらいということから、ちょっと苦手なのだそうです。適当な距離を考えるというのは幼児には難しいかと思います。

-Uncategorized

Copyright© もっと愛犬と仲良くなれる!犬のグッズ通販サイトまとめ , 2020 All Rights Reserved.