わんちゃんにピッタリのおもちゃがきっと見つかる。

もっと愛犬と仲良くなれる!犬のグッズ通販サイトまとめ

Uncategorized

犬の食糞

更新日:

食糞というのは、犬にしばしばみられる問題です。糞便を食べる行為の正常なケースとしては、母犬が子犬の排泄物を食べるという時のみになります。それ以外で食糞がみられる場合には、行動上の問題・膵機能不全・吸収不良・寄生虫・糖尿病など別の問題が起きている可能性があります。また、犬の中には猫の糞を食べるのが好きという子もいるようで、その場合には一緒に飼っている猫のトイレを常に綺麗にするなどの工夫が必要になってきます。愛犬に食糞がみられる場合には、第一に原因がなんなのか特定する必要があります。かかりつけの獣医師に相談しましょう。獣医師が診察しても根本の原因が特定できないという場合には、次のような検討をする必要があると思います。まず1つめに、消化器系が現在の食事に上手に対応できていない可能性です。どういう事かと言いますと、消化不良が要因となって糞に栄養が残ってしまい、食べ物と間違って食べてしまうという事です。獣医師と相談の上でサプリメントを取り入れてみる・フードを変えてみる・適度な運動をする等して、腸内環境を整えていく事が大切だと思います。また、食糞というのはストレスを原因とする副腎ホルモンの枯渇と関係している可能性もあります。或いは、食事量が少なく空腹状態である為に糞便を食べてしまうという事もあるようです。逆に与える量が多すぎて消化不良を起こしているという事もあるようなのです。飼い主に出来る事として、食事の質、そして量が適切かどうかを見直す事も重要だと言えるでしょう。食糞を防ぐ為にも、糞をした後はすぐに取り除いてあげましょう。また、しっかりトイレでした場合には大げさでも良いので褒めてあげましょう。そうする事で糞をすると褒めてくれるのだと学習します。飼い主との信頼関係がある子ならば、このしつけを行う事で糞をした事を知らせに来てくれるようになると思います。逆に食糞をしようとしたらリードを軽く引っ張る事で、食べる事がNGである事を学習させます。食べなかった時にはたくさん褒めてあげましょう。食べない事で飼い主に褒めてもらえるという事を学習させます。大切なのは食糞の原因を特定する事です。そしてその原因にあった対処法を実践する事です。その子にとって適切な方法を見つけて食糞症を克服してあげましょう。

-Uncategorized

Copyright© もっと愛犬と仲良くなれる!犬のグッズ通販サイトまとめ , 2020 All Rights Reserved.